スポンサー リンク

こびりついて取れなくなってしまったガムテープの跡に悩まされている人も多いのではないでしょうか?今回はプラスチックガラスなどのガムテープの跡を綺麗さっぱり取る方法について紹介していきます。

 

また、自分でどんなに一生懸命頑張ってもガムテープの跡が取れない場合に頼むと便利なオススメの格安業者のサービスなどについても紹介していきたいと思います。

 

プラスチックのガムテープの跡を取る最強の方法

綺麗に取ることができないガムテープの跡は、貼った場所がプラスチックの場合は除光液などの溶剤を使ってしまうとプラスチック自体が変質してしまう恐れがあるのでお勧めできません。

 

この場合はまずドライヤーで取り除きたい部分を温め、その上に粘着テープを貼り密着させます。粘着テープは紙製だとうまく剥がれないので、ビニールやセロハン、布製の物を使います。

 

さらにテープの上からドライヤーで温め、様子を見ながらゆっくりと剥がしていきます。コツは焦らないこと、じっくりと熱で粘着剤を柔らかくしてから行いましょう。

 

また、ドライヤーを使いたくない場合は、酢を含ませたティッシュやカット綿を剥がしたい部分に当て、その上からラップで覆い湿布して10分~20分後に拭き取ると綺麗になります。



 

ガラスのガムテープの跡を取る最強の方法

ガラスについたガムテープの跡も、プラスチックと同様にドライヤーで温めて取り除くことができますが、粘着剤が残ってしまって綺麗に取れないこともあるので、ドライヤーにプラスして除光液を使います。

 

まず取り除きたい部分をドライヤーで温め、粘着剤が柔らかくなってきたらカット綿などを使い除光液を染み込ませていきます。

しばらく様子を見て端からめくれるようであれば剥がし、拭き取ります。剥がしにくいようであれば、不要になったカードなどを使うと簡単にできます。

完全に取り除けなければ繰り返して行いますが、跡だけが残った場合は消しゴムをかけるとポロポロと落とすこともできます。

 

また、ハンドクリームを擦り込んで指でこそげ落としてもいいでしょう。



 

どうしても取れない時に格安な業者さんに頼む方法について

どんなに頑張っても取れなかった、広範囲なので自分でやるのは大変だというのなら、業者さんに頼む方法を選んでも良いでしょう。

 

業者さんならプロ用の道具や溶剤を使用し、確かな技術でしつこいガムテープ後もすっきりキレイにしてくれます。貼られている土台部分を傷めることもないので、安心してお任せすることができます。

費用の面で心配だという場合でも、いくつかの業者を比較検討すれば格安でお願いすることも可能でしょう。

 

最近は無料で見積もってくれる業者も多く、問い合わせもフリーダイヤルで通話料が掛かりませんから気軽に利用することができます。

 

大切な家具や家を傷つけて後悔するよりも、プロに任せた方が確実で安心できるはずです。

 

キラッとハウス 神奈川県・東京エリアに対応

ガムテープなどのどうしても取れない粘着跡などにも対応されている業者さんです。業種としては「お掃除代行ハウスクリーニングサービス」という名目となっており活動されているようです。お掃除のプロなのでどんな素材が付着しているのかしっかりとプロの目線で分析してくれて的確なアドバイスや対応をしてくれることでしょう。フリーダイヤルにおいて24時間相談することもできますのでどれだけのサービス料金がかかるのかあらかじめ確認した後で納得したならば依頼をしてみると良いかと思います。

キラッとハウスのホームページ⇨ http://www.kiratto-glitter.jp/article/detail.php/769/103575

 

おそうじ本舗

全国区のハウスクリーニングサービスで有名な会社さんと言えば「おそうじ本舗」さんです。もちろんこちらもフリーダイヤルにて簡単な質問をしてどれくらいの予算で対応をしてくれるのか気軽に相談することも可能です。どうしても取ることが出来ないプラスチックやガラスへのガムテープ跡の除去相談などにも相談にのってくれることでしょう。

おそうじ本舗は全国にサービスを展開している会社だけあってホームページの作りもしっかりとしており、実際におそうじ本舗のサービスを受けた人たちの口コミや感想なども見ることができるようになっています。そういったところも参考にすると良いかと思いますしいろいろな発見があることでしょう。

おそうじ本舗では初めてサービスを受けるお客様のために2000円引きキャンペーンなどのお得な企画も用意していたりしています。自分自身でガムテープの跡を時間をかけて落とすことに躍起になるよりも手間と時間を考えたならばおそうじ本舗などの業者さんに頼んでしまったほうが安上がりだということも言えるのではないかと思います。時間はお金では買えませんのである程度かかる費用に関しては妥協してしまうということも必要かと思います。

おそうじ本舗のホームページ⇨ https://www.osoujihonpo.com/house-cleaning/

 

まとめ


いかがだったでしょうか?今回はガラスやプラスチックのガムテープの跡を取る方法について紹介させていただきました。

自分でお金をかけずのやるのもいいものですがもし万が一失敗してしまった場合には悲惨な状態になってしまうことも否めません!

そこまで大きな費用がかかるのでなければ手間と時間対効果を考えてプロのハウスクリーニング業者さんに一任してしまうということも良い方法だと言えるでしょう。

いづれにしても後悔しないようにガムテープ跡の除去作業については焦らず慎重に行っていくようにしたいものですね。

スポンサー リンク

生活お役立ち情報

カテゴリー

記事一覧