ハサミのベタベタを取るお金をかけないでできる2つの方法を紹介


お金をかけない方法の1つ目は消しゴムです。

粘着剤が付いてしまった部分を擦ります。

消しゴムが粘着剤を絡め取ってくれるので綺麗に落とすことが出来ます。ある程度取れたらティッシュで拭き取れば完成です。

消しゴムを使う場合は硬いものではなく、柔らかいものがおすすめです。

 

2つめの方法として粘着力の強いテープを使う方法もあります。

ハサミの刃に付いた粘着剤をベタベタ貼り付けて落とせば、お互いがくっついてしっかり落ちます。

セロハンテープなど粘着力が比較的弱いものは落ちにくいので極力粘着力が強いものを使うようにします。

 

 

これら2つの方法はお金をかけずに手元にあるものでベタベタを落とせるので簡単に作業を終わらせることが出来ます。ハサミに付いたベタベタを取る方法は他にも色々あるので近くにあるもので試してみるのもおすすめです。


ハサミのベタベタを取るお金をかけた最強の取り方をいくつか紹介


お金をかけたハサミのベタベタを取る最強の方法を3つ紹介いたします。

手軽に買える除光液や消毒アルコール、また修正液用うすめ液で落とす方法があります。

 

まず、コットンがヒタヒタになるくらいまで除光液を染み込ませます。その後染み込ませたコットンでハサミの刃を何度か軽く拭き取り、ベタベタが取れてきたら仕上げにティッシュで拭き取ります。

 

消毒アルコールもアルコール成分が入っているので粘着剤を分解して取ってくれます。

 

修正液用うすめ液でも落とすことが出来ます。

まず修正液用うすめ液をティッシュなどに付け、それでハサミのベタベタした部分をこすります。そのあと乾いたティッシュで拭き取って汚れを落とせば完成です。

 

 

これらの方法は多少お金がかかりますがハサミのベタベタの原因となる成分を分解し、仕上げに布などで拭き取れば綺麗になるのでおすすめです。汚れが落ちるだけでなくハサミの刃自体が綺麗になる効果もあります。


ハサミのベタベタを取る裏ワザはある?参考になる動画なども紹介

「ハサミのベタつきを取るウラ技」というYouTubeの動画がおすすめです。ハンドクリームで落としますがハサミの刃が大きくアップされていてやり方が分かりやすいです。最後、どのくらい汚れがなくなっているのかとか切れ味が変わるのかということも分かりやすく映っているので面白いです。

 

 

「ベタベタになったハサミを簡単にキレイにする方法」という動画も参考になります。ハサミに付いてしまった粘着剤は意外と簡単に落ちます。



 

 

これ以外にもアルコールで落とすという方法もあり、探せば本当にいろいろと身近なものでハサミのベタベタは落としていくことが出来ます。

 

 

注意点としましては、水で洗ったりするときちんと乾いた布で拭き取らないと刃が錆びてしまう原因となるので気をつける必要があります。

 

また、ティッシュでベタベタを取ろうとすると逆効果となり汚れてしまうのでこちらも注意が必要です。

 

アマゾン(amazon)での通販でもハサミのベタベタを落とす最強のグッズが販売されています

アマゾンのショッピングサイトでも「はさみのクリーナー」という、はさみのベタベタを取るのに適した商品が販売されているようです。お値段のほうは779円と多少値が張りますが、効果はバツグンのようです!アマゾンで実際にこの商品を買って使ってみた人の感想を見ることができますが5段階評価で5つ星のレビューが投稿されていることから満足度も高いことがうかがえますね!アマゾンのレビューはいいレビューも悪いレビューもウソ偽りなく投稿されますから、本当に効き目が高いことが予想されます。

 

やはりハサミのベタベタを取るのに特化した専門の素材を使っているところから効果も他の物よりも一味違うのかも知れませんね汗 こういった商品も必要に応じて試していきたいものです。

記事一覧