スポンサー リンク

ゲリラ豪雨の自由研究なら入賞しやすい?ウィキペディアを参考に知識を深めよう


夏休みの自由研究には親子で悩まされる人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、頑張った研究で入賞できたら子供にとっても大きなステップアップになりますよね。そこで、おすすめしたいのがゲリラ豪雨の自由研究です。

 

最近は豪雨などによる自然災害がとても多くゲリラ豪雨に対する世間の関心も大きくなっています。ゲリラ豪雨について詳しく知りたい場合にはWikipediaのサイトを熟読してまずは予備知識を勉強しておくようにしておくと良いでしょう。

 

「ゲリラ豪雨とは?」という質問に対してもある程度答えられるようになっておくことが重要になります。

 

ゲリラ豪雨が自由研究のテーマとして適している理由ですが天気は理科で学ぶ勉強ですので学校に提出するテーマとしても適しています。

 

また天気の中でもゲリラ豪雨についてはまだまだ謎が多く研究のテーマが立てやすいというのもおすすめのポイントでもあります。

 

実際のゲリラ豪雨をデータ化して行ったり、実際にゲリラ豪雨が起こる環境を実験装置で作るなど研究方法がたくさんあるのでオリジナリティーのある自由研究がしやすく入賞を狙いやすいのではないでしょうか。


ゲリラ豪雨の自由研究で小学生にオススメの方法3選!


では、ゲリラ豪雨について小学生におすすめの研究方法を3つ紹介します。

 

まず一つ目は、ゲリラ豪雨が起こる状況を調べる研究です。予測が難しいと言われるゲリラ豪雨について、毎日定期的に空の様子を観察して豪雨が起きる法則を調べます。

 

そして、二つ目は実際に豪雨を起こす実験です。ゲリラ豪雨が起こる条件を調べて、水槽や扇風機を使って雨を降らせる実験を行います。ネットでも実験方法が書かれているサイトもあるので参考にするといいですね。

 

最後に三つめは、過去のゲリラ豪雨のデータから統計を取る自由研究です。過去のデータから豪雨が起きる時期や地域、時間などを調べてグラフにまとめるのもおもしろい研究になります。

 

このように研究方法がたくさんあるので自分に合った方法が見つけやすいと思います。またゲリラ豪雨から身を守るための方法、いかにしてゲリラ豪雨を予想して危険な状態を避けていくかについての本などもアマゾン(amazon)から販売されていたりします。こういった本はKindle版で321円で読むことができますので実際に読んでみてその感想などを自由研究のテーマとしてまとめてみるのも面白いかと思います。



 



 

小学生だからこそゲリラ豪雨の自由研究をすべき理由とは


ゲリラ豪雨は、小学校低学年から中学生でも研究するテーマが見つけやすい自由研究です。

 

しかし、空の様子に興味を持ち始めるのは小学生の時だという子供が多く、興味や関心がある時にこそ自由研究は楽しく進めることができますよね。

 

つまり、どうしてゲリラ豪雨が起こるのか?と疑問を持ち始める小学生には、とても有意義な研究内容だと思います。

 

低学年の時から毎年ゲリラ豪雨についての自由研究をするというのも、子供の成長がよく分かっておもしろいかもしれません。

お母さんなどが娘さんに協力してあげて二人三脚でデータをまとめていくというのも面白い研究結果がまとめられるかも知れません。

 

みんなで遊んでいる時に、ゲリラ豪雨が降るのを予測できたら、お子さんもみんなの人気者になるかもしれませんね。

様々なことに興味を持てる小学生だからこそ、入賞目指してゲリラ豪雨の自由研究をしてみると良いでしょう。

スポンサー リンク

生活お役立ち情報

カテゴリー

記事一覧