スポンサー リンク

通院履歴を調べる方法で会社にバレたくない方は必見!こんな方法があった


会社にバレずに自分の通院履歴を調べることはできます。

 

そもそも通院履歴を会社側が病院に求めたとしても、個人情報なので教えることができません。

 

社会保険に加入している場合は、社会保険事務所に問い合わせることで、今までの通院履歴を閲覧することができます。

 

保険会社側では、新規に加入した場合に今までの通院履歴や病歴などを調べることがありますが、会社側が勝手に閲覧することはできないので安心してください。

もし必要に応じて調査することになった時でも委任状を持っていかないといけない決まりになっています。

その為、会社側に自分の通院履歴を勝手には開示されないようになっていますので安心してください。

 

過去10年程度であれば情報として残っている可能性がありますので、気になる人は一度問い合わせてみましょう。


過去において20年前ほどの通院履歴を調べることはできるのか

20年前の通院履歴を調べることはできるのか
通院していた病院にもよりますが、5年間はカルテの保存が義務付けられていますので5年前までであれば調べることが可能です。

また、社会保険事務所では10年間の通院履歴を閲覧することができます。

ただし、20年前の情報となると簡単に調べることはできないと考えられます。

 

昨今では電子カルテ化されていることもあり、データとして保存する年数というのが病院によって異なりますので、一概には言えませんが長い期間保存しておくことはないと言えます。

 

 

事件性があるようなことで利用された場合に関しては、警察のデータベースに残っている可能性はありますが、基本的には20年の時間が経過してしまった場合は難しいと言わざるを得ません。

 

子供の頃から通っていた病院などで、現存している場合は問い合わせてみましょう。


通院履歴をごまかしたことが会社にバレたらどうなる?

精神科などへの通院履歴がある場合、会社にバレたくないと思う人も多いようです。

会社に通院していたことを内緒で働き始めたとして、バレてしまわないかと不安になる人もいますが、基本的に病院側が勝手に履歴を開示することはありません。

個人情報になる為、会社が必要だからと開示を迫ったとしても委任状などがなければ開示することはないのです。

 

 

その為、会社側に履歴が知られることはありません。

どの病院に通っているか、何科を受診しているかなど個人に関わること知られることはないので安心してください。

 

ただし、それ以外のところからバレてしまうことがあるかもしれません。

バレたからと言ってそれだけを理由に解雇されることは基本的にはないと言えます。

 

通院履歴を確認するのに必要な社会保険事務所とは?病院のカルテを参考にしよう

社会保険事務所という名称ですが現在は見つけることが出来ません汗。現在では社会保険事務所は「年金事務所」というネーミングに転換されているようです!ですので自らの過去の通院履歴が気になっているようであれば日本年金機構(http://www.nenkin.go.jp/)を利用していろいろと質問してみるようにすれば良いでしょう。

 

しかしながら、社会保険事務所も個人の通院履歴などに関してわざわざ時間を割いて対応してくれるほど暇ではないとも言えます。。ですので通院履歴に関しては通っていた病院などがまだ運営されているのであればそういった病院を訪れてカルテのデータが残っているか確認してみるという方法を取るようにするのが確実かも知れませんね。
病院においては原則的に過去のカルテのデータは最低でも5年間は保存しておかなければならないというような決まりにもなっているようです。また5年経ったといってもすぐに廃棄するということも無いですし、ある程度の期間ならば病院の倉庫に眠らせたままでいる可能性もあります。そういったことも覚えておくと過去の通院履歴のデータを探していくことにも役だってくるでしょう。

スポンサー リンク

生活お役立ち情報

カテゴリー

記事一覧