スポンサー リンク

韓国語翻訳でパソコンのWindows10に対応したイケてるハングルキーボードを紹介

Google翻訳のカスタマイズ機能が韓国語翻訳に大活躍!Windows10対応のハングルキーボードとしても使えます

Google翻訳はさまざまな言語を相互に翻訳できる便利なサービスですが、日本語入力はスムーズにできても韓国語の入力に手間取ってしまう方も少なくありません。

 

そんな時は「元の言語」のプルダウンメニューを「韓国語」に設定してから入力ウインドウの下方にあるキーボードのアイコンをクリックすればハングル表記の仮想キーボードが表示されます。

 

仮想キーボードにはハングル文字が表記されており、クリックをするか同じ配置の物理キーを押して入力できます。

 

濃音を入力したい場合は物理キーボードのカーソルキーの上矢印を押せば切り替わり、上段の数字のキーが表示されていた列も記号のキーに切り替わります。

 

これらの機能はもちろんWindows10にも対応しています。


ハングルキーボードを無料でサクサクと使うための設定方法


Windows10の機能であるスクリーンキーボード機能を利用すれば無料でサクサク使うこともできて便利です。

 

「スタート」メニューの設定から「時刻と言語」「地域と言語」を選択し、画面を下へスクロールさせたところにある「言語を追加する」をクリックします。
表示された各言語のメニューの中から「韓国語」を選択すると韓国語のキーボードが追加されます。

 

つづいてタスクバーにある入力言語を切り替えるアイコンをクリックして日本語から韓国語に切り替えます。

 

スタートメニューの「Windows簡単操作」の中にある「スクリーンキーボード」をクリックしてから韓国語に切り替えれば従来の英数字にハングルが加わったキーボードが表示されキー配列を確認できます。

 

ここからスクリーンキーボードをクリックしたり、物理キーボードからハングルを入力することが可能になります。


Windows8の時代からハングルキーボードが進化した点を解説


スクリーンキーボードで多言語を利用する機能はWindows8にも搭載されていましたが、Windows10になって最も進化した点はキーボードの表記にあります。

 

Windows8で韓国語に設定されたスクリーンキーボードはハングルのキーしか表示されませんでしたが、Windows10では従来の英数字のキーにハングルの文字も一緒に表記されています。

 

そのため物理キーボードから入力する際にはどのキーがどのハングルなのかを分かりやすく確認できるようになっています。

物理キーボードで韓国語の入力作業をしているうちに配置が分からなくなってもスクリーンキーボードを表示させれば簡単に確認することもできます。

 

また、設定の手順もWindows10の方が少ないステップで完了できるのも大きなアドバンテージとなっています。

スポンサー リンク

ハングルキーボードの代わりの無料アプリとしてもGoogle翻訳は使えます

スマートフォンでiPhoneを持っているのであればAppStoreから「Google翻訳」のアプリを無料ダウンロードしてみましょう。アプリを立ち上げると日本語←→韓国語と相互に変換できる機能があることに気が付くと思います。

 

そうしましたらマイクのマークがある「声」というボタンに注目してみましょう。使い方としてはこのGoogle翻訳の音声入力(マイク入力)機能を利用して韓国語に翻訳したい文章をiphoneに向かってしゃべってみることにするのです笑


 

 

試しに画像の通りに「今日は何もせずに家で大人しくしていよう韓国語の勉強をするのもいいかもね」とiphoneに向かって早口でしゃべってみました!するとかなり高精度に私がしゃべった言葉を拾ってくれました。

 

これは普通にハングルキーボードなどを使ってタイピングするよりも圧倒的なスピードです。このようにGoogle翻訳を上手く使えばわざわざキーボードで入力するよりも早く韓国語の文章を仕上げることができます。

 

もちろん出来上がった文章をパソコンに転送してブログなどの文章として使うことも可能です!便利なので是非よかったら試していただきたいと思います(^_^;)。

スポンサー リンク

生活お役立ち情報

カテゴリー

記事一覧