文房具メーカーでもあるコクヨの「合わせ名人」のインストールについて解説!

コクヨ合わせ名人は誰でも無料で利用することができるラベル印刷ソフトです。 文房具メーカーとしては大手のコクヨが独自に開発して一般のユーザーに向けて提供しているフリーソフトですので、無料とはいいながらさまざまな便利な機能が満載されており、しかも定期的にアップデートされており最新版を公式ウェブサイトのなかからダウンロードできるのも魅力のひとつになっています。


コクヨの合わせ名人のインストール方法について


インストールが完了するとデスクトップに「合わせ名人」のアイコンが!

コクヨ合わせ名人」のソフトを手持ちのパソコンにインストールしたい場合ですが、公式ウェブサイトに掲載されているリンクをクリックすると、インストーラーファイルがパソコンに保存されます。

これをクリックすると必要なランタイムのインストールがまずはじまり、次いで本体のインストールに移りますので、あとは表示にしたがって待つだけです。



すべて完了するとデスクトップに合わせ名人のアイコンが表示されるようになりますので、ソフトを使いたい場合はこれをクリックして起動させます。




万が一「合わせ名人」がインストールできない場合でも慌てずに対処しよう

コクヨ合わせ名人」がインストールできない場合ですが、手元のパソコンの環境がこのソフトと合致せずに不具合が生じているおそれがありますので、ひとつにはダウンロード不要でブラウザから使えるウェブ版を公式サイトから使用するという手段があります。

スポンサー リンク


※もしくは一度インストールした合わせ名人のファイルとランタイムのファイルをそれぞれ一旦アンインストールして再度それぞれインストールし直すということでも解決する場合があるようです。


コクヨ合わせ名人の最新版の基本的な使い方


新規作成も既存のファイルの編集も操作の方法は特に変わりはありません

このソフトの最新版の使い方ですが、起動画面には新規作成とファイルを開くというふたつのメニューが表示されているはずですので、ラベルのデザインをまったく新しく作成する場合は新規作成を、既に保存してあるファイルを再度使いたい場合にはファイルを開くを選択します。

新規作成を選択した場合には、ラベル用紙のメーカー名と型式番号をまず選択し、一覧にない場合はカスタム設定で個別に設定をします。

デザインのタブを開くとラベルに印字したい項目の位置決めをすることができますので、差し込みをする住所録などのデータファイルを設定した上で、画面上に項目名をドラッグして挿入する作業を行います。

これらの設定が済めば印刷画面から実際のラベル用紙への印刷を行います。既存のファイルを開く場合についても、操作の方法は新規作成と比べて特に変わりはありません。




コクヨの文房具メーカーならではの使いやすい操作性がウリ

この合わせ名人は市販の表計算ソフトで作成した文書一覧や住所録などのファイルをもとにしてラベルを印刷するのに用いますが、その際にはソフトに読み込んでおいたファイルから、ドラッグアンドドロップでデータを挿入してレイアウトをすることができるようになっています。

操作の方法がきわめて直感的で誰にとっても使いやすいのは文房具メーカーならではの工夫です。




ラベルのテンプレートも充実しておりレイアウトの微調整も可能になっています

データを差し込むためのラベルのテンプレートも充実しているため、たとえば住所以外に郵便番号や氏名を挿入して郵送用のラベルを作成したり、上下や左右が対称になったレイアウトでファイリングシステムのインデックス用のラベルを作成したりといった、さまざまな応用が可能です。



一般的なテンプレートのほかにも、カスタム機能を使って縦横の幅や余白の寸法を正確に設定して、市販のラベル用紙にもぴったりと合うサイズやレイアウトでの印字をすることもできます。市販のラベルのパッケージには製品の幅や余白、列組みなどの仕様が表示されているのが普通ですので、それらの数字を転記して合わせ名人に設定すれば、オリジナルラベルの作成も簡単です。



万が一プリンタの不具合などで位置がずれてしまうことがあっても、設定画面のなかで上下左右の矢印ボタンを適切な方向にクリックするだけで、微調整をして正確な位置決めをすることができるようになっています。

コクヨ合わせ名人インストール

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする