スポンサー リンク

一生に一度の人生の晴れ舞台でもある「結婚式」。その結婚式招待状返信メッセージの書き方がいまいち分からなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?早く返信することももちろん必要ですが、しっかりとマナーを守って返信するようにしないと、相手に悪い印象を与えてしまって、せっかくの結婚式の雰囲気を悪くしてしまったり、欠席する際にもちゃんと誠意をもって返信するようにしないともう二度と友人として声をかけてもらえないことも(汗)。 どうしたら結婚式の招待状の返信メッセージを印象良く書くことができるのかについて解説していきたいと思います。

 

結婚式の招待状の返信メッセージには基本的なマナーがあります

返信メッセ―ジを書く際にはキチンと黒の筆ペン(毛筆・万年筆)を利用しよう

返信メッセージを書く際にはちゃんと黒の筆ペンを使うようにしましょう。カラーは黒以外は使ってはいけません!間違ってもボールペンや鉛筆などで適当に済ませてしまわないように配慮しましょう。筆ペンなんて普段から使わないという人は時間を取って画用紙やノートなどに練習するようにしてキレイな字を書けるようにしておきましょう。

 

メッセージには句読点の「。」は使わないようにしよう

意外と知られていないのが「句読点」を使わないようにするというルールです!ですので。「、」や「。」などの終止符を連想させる文字はメッセージ欄には使わないようにしましょう。もし使わなければいけないケースがある場合には、広がる意味も込めてスペースを使ったり、行間を空けたりするようにするといいでしょう。

 

忌み言葉は使わないようにチェックしてメッセージを書こう

ハガキの空いているスペースや最初からメッセージスペースがあれば、そこにメッセージを書くようになると思います。その際の注意点ですが、結婚の場においての「忌み言葉」というものが存在しています。少し具体例を挙げますと、「帰る」や、「離れる」「戻る」などの言葉があります。こういった言葉は意識しないでつい使ってしまうことが多いかもしれませんので注意することが必要です!今ではインターネット上に忌み言葉を自動でチェックしてくれる便利なツールなども用意されていますので、もし自分でメッセージを一から考える際にはこういったツールを上手く利用して素敵なメッセ―ジを一生懸命作っていくようにしましょう。


返信ハガキの送り先をチェックしておくようにしよう

もしも返信ハガキの送り先が仲のいい友人の家でしたら、くだけた感じのメッセージを送っても好印象を持たれると思います。しかし、もしも送り先が新郎新婦のご両親の家などになっていたならば、逆に良い印象を持ってもらえないような事態になってしまう可能性もあります(汗)。ですので、しっかりと送り先については入念にチェックしてからどういうようなメッセージを書いていくようにするか計画を立てるといいでしょう。シンプルで華美ではないメッセージでもしっかりと心のこもったメッセージであれば送られたほうは嬉しいものです。

 

メッセージ文例を参考にする

インターネットなどで検索すると、結婚式の返信状メッセージの実例文などを見つけることができる筈です。TPO別に分かれており、「友人・同僚」「先輩・上司」「親族」「欠席の場合」などなど様々なシチュエーション別に無難なメッセージの記入例を見つけることができる筈です。もしも、普段からあまり時間が取れなくてしっかりとしたメッセージを書くことに自信が無いならばこういった実例文を模倣してメッセージを仕上げていくということもいいでしょう。最初に紹介したように黒の筆ペンを使ってしっかりと心のこもったメッセージを記入すれば相手にも好印象を与える筈です!

結婚式の忌み言葉チェックツール  結婚式の招待状の返信メッセージの文例・例文

スポンサー リンク

サービス

カテゴリー

記事一覧