日本道路交通情報センターの一般道の渋滞予測データなどについてご案内!

日本道路交通情報センター(JARTIC)のサイトでは一般道交通規制情報や、一般道の断面交通量情報などのデータも配信しています。2018年の3月には最新のデータなども新たにアップデートされるようです。日本交通情報センターの一般道の情報は各都道府県の警察が取得した最新の交通規制、断面交通量情報などがリリースされていますのでユーザーからも高い信頼を得ています。そんな日本道路交通情報センターの一般道の情報について解説していきたいと思います。

日本道路交通情報センターの一般道の情報はリアルタイムで更新されています

日本道路交通情報センター(JARTIC)の一般道の渋滞情報は面倒なアプリなどをわざわざインストールしなくても、ブラウザ型でリアルタイムで情報を知ることが出来るようになっています。渋滞状況などの視覚的に一目で分かることができるようになっていて、見やすいのが特徴です。動作も快適でサクサクと動きます!ただしパソコン向けのサイトとなっていますのでスマートフォン向けの対応はしていないのが日本道路交通情報センターの難点でもあります。メール配信サービスなども行ってはいないようです。

一般道路の渋滞情報をチェックするには?

日本道路交通情報センターのホームページのトップから各都道府県名をクリックすることによって一般道の渋滞情報をチェックすることができるようになっています。24時間の中でわずか5分置きにリアルタイムで更新していますので、常に最新の一般道の渋滞情報を手に入れることができるようになっています。


短縮ダイアル

#8011(携帯・スマホ専用)



※携帯電話やスマートフォン専用の短縮ダイヤルなども丁寧に用意されています。もしも何か困ったことがあったならば、お電話で直接聞いてみてもいいのではないでしょうか?




一般道と都市高速道路と高速道路の情報を同一画面では見ることはできない

道路交通情報センターでは簡易図での表示となっていることから、高速道路と一般道路を分けて表示するように努めています。

これはわかりやすい地図を提供したいという観点での配慮となっています。


一般道路の渋滞予想情報を2018年の3月頃の発表予定です

一般道路の渋滞予想「春の観光地の渋滞予測」につきましては一部の有料道路を含んだデータを現在準備中のようです。

ちなみに一般道の渋滞予測を提供しているサイトにつきましては日本道路交通情報センター以外にはなかなか存在していないようです。似たようなサイトとしてはゼンリンのいつもNAVIなどがありますが、提供されているデータも過去のものなどが多いようです。あくまでも現況のデータでは無く、過去の統計情報に基づいて配信しているデータなどのようです。そういった点からしてみても日本道路交通情報センターの一般道の予測情報は貴重なデータだと言えるのではないでしょうか?


一般道の(通行止めとか工事とか片側交互とかの各種規制)の規制情報も閲覧できる

トップページから目的の都道府県をクリックした後、ページ上部の「規制一覧」、「工事行事予定一覧」で規制情報を確認することも出来るようになっています。普通に各都道府県をクリックするだけで全国から規制情報のデータを調べることができるのはとっても便利です。


一般道でも雪の状況(スタッドレスタイヤの有無)などを遠隔で確認できる!

一般道の道路画像などのデータを参考にすることによって、4月などの時期でもスタッドレスタイヤなどの冬タイヤを装備して向かうべきかどうかなどの判断をすることが出来るようになっています。道路わきによく見ると雪が積もっているかどうかなどの様子も細かく調べることが出来るようです。もしも雪が積もって溶けてしまい、路面に濡れてはみ出してしまったりすれば、春先でもスタッドレスタイヤなどが必要になるケースもあるでしょう!そういった危険予測もあらかじめ予想して回避することができるような機能が備わっています。

日本道路交通情報センタートップページ(都道府県名をクリックで一般道の詳細へ)   一般道の交通規制情報・断面交通量情報     一般道路などの渋滞予測



日本道路交通情報センターお問い合わせ電話番号 : 050-3369-6666(全国共通ダイヤル)

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする