医療費控除申請用紙ダウンロード!令和2年分♪国税庁確定申告書作成コーナー

2020年(令和2年)分の医療費控除の申請方法ですが、国税庁の確定申告書作成コーナーを活用するのが簡単です。
国税庁のホームページには『動画で見る確定申告』と言うページが用意されています。
Yuutubeの国税庁動画チャンネルでは動画を見ながら学ぶことが出来ますので初めて医療費控除の申請をする人でも分かりやすい説明で学習することができます。

医療費控除申請方法『確定申告書作成コーナー』の活用法の動画

医療費控除を受ける方が『確定申告書等作成コーナー』で医療費控除の申請用紙を作成して、書面で提出する方法についての動画はこちらを参考にしてみると良いでしょう。

医療費控除を受ける方

医療費控除を受ける方

動画の案内の通りにパソコン💻の画面を操作しながら進めていけば自宅に居ながら簡単に医療費控除の申請ができるようになっています。

作成の流れについてはこちらの国税庁のホームページも参考にすると便利ですね。

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/smsp/ccs0800

医療費控除申請用紙の提出方法ですが、いくつかの方法からお選びいただけます!

etaxで提出する場合にはマイナンバーカードを利用して提出する方法、

税務署から提供されたI’d、パスワード方式の届出完了通知を持っている場合にそれを利用して提出する方法があります。

また、作成した申請用紙を印刷してから添付書類と共に税務署に提出するやり方もあります。

自宅にプリンターがある方は自宅で印刷すれば良いですし、無ければコンビニなどのネットプリントを活用するのが得策です。



スポンサー リンク

自宅でできる確定申告 医療費集計フォームの使い方

医療費集計フォームについてはExcelなどを使いますが、どうやって集計したらよいのか分かりづらいのが難点です。

そんな時でも下記の動画を見ながら操作していけばパソコンの画面を見つつ進めていけるのでとっても便利です!

自宅でできる確定申告 医療費集計フォームの使い方

医療費集計フォームのExcelダウンロード

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/iryouhi_form_v3.xlsx

医療費控除の対象となる医療費が知りたい場合には国税庁の確定申告書作成コーナーのよくある質問を参考にしましょう


医療費控除の対象になる医療費についてはセルフメデュケーション税制の問題などもありよく質問が寄せられている項目となっています。

https://www.keisan.nta.go.jp/r1yokuaru_sp/scat2/scat22/scat221/scat324/index.html

医療費控除の申請用紙を税務署から取り寄せる方法について


2021年の確定申告にて使用する医療費控除の明細書を申請したりダウンロードする方法について知っておきましょう!



まずは自宅に居ながらパソコンなどを使って国税庁のホームページからダウンロード(印刷)する方法がありますね。

所得税に関する確定申告書作成コーナーがありますので有効活用していきましょう♪



https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/smsp/top#bsctrl



2021年(令和3年の1月前半)に令和2年分の確定申告をまとめる確定申告書作成コーナーがダウンロードできるようになる予定となっています。



もしもパソコンなどを持っていなくてアナログな人ならば、よく分からない場合は近くの税務署まで行ってもらいにいきましょう!



もしくは近くの税務署に連絡してお取り寄せする(郵送してもらう)方法でも大丈夫です!

サラリーマンが医療費控除の申請をするなら確定申告書Aを使うのが一般的です

まず、最初に勤めている会社などから源泉徴収票をもらって準備しておきましょう。

また、マイナンバー(個人番号)の用意も必須です。

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする