スポンサー リンク

医療費控除の計算ツールで無料で使えるオススメを紹介


 

医療費控除の計算ツールの中でも最もお手軽なのは、ウェブベースで作成されているサービスです。

パソコンやスマートフォンのウェブブラウザでアクセスし、ウィンドウに金額を入力してボタンを押すだけで簡単に計算をすることができます。

 

「医療費控除計算ツール」などのキーワードで計算すれば、ウェブ製作者が作成したものから医療機関や税理士事務所などが公開しているさまざまなツールを見つけることができます。

 

医療費控除シミュレーター

https://www.clear-dental.jp/iryouhikoujo/

 

ただし、これらは簡易的な計算を行えるだけで出力された数字はメモを取るなどして控える必要があります。

 

 

そんな問題を解決するには、結果を保存したり書類を作成してプリントアウトできるなど多くの機能を持つソフトウェアベースの計算ツールを利用する方法がありますが、その中には誰もが無料で利用できるフリーウェアとして公開されているものもあります。

 

 

医療費控除はExcel形式のファイルから書類を作成して印刷したり、e-Taxで提出することがありますが、そんな時でもExcel形式で出力できる計算ツールであれば書類の作成もしやすいのが大きなメリットです。

 

 

また、1回の申請のための書類を作成すると言った一過性のものではなく、毎年の申請した金額が集計され比較するものであれば家計の見直しにも役立ちます。

 

 

昨今ではスマートフォンやタブレットの台頭もあり、無料で利用できるアプリも続々登場しています。

 

その中でも最もオススメなのが税理士事務所やファイナンシャルプランナーが提供しているウェブサービスやソフトウェアで、出力された内容を元に相談に乗ってもらえるのも便利です。

スポンサー リンク

 

医療費控除の計算ツールで有料で使えるオススメを紹介


 

医療費控除の計算ツールには有料のものもあり、無料のツールとは一味違う本格的なものばかりです。
その中でも最もオススメなのは、freeeが提供している『カンタン確定申告freee』です。

 

 

画面の指示に従って数値を入力して進めて行くだけで簡単に計算が行えるのはもちろんのこと、クレジットカードや銀行口座と同期させれば日付や金額だけではなく勘定科目を自動的に推測して自動入力されるのも便利です。

 

 

また、「国民年金基金に加入していますか」「ふるさと納税などの寄付をしましたか」など◯かバツを選択するだけの簡単な質問に答えるだけで、税金が自動計算されます。

 

 

各種ツールを使用して簡単に確定申告書を作成でき、プリントアウトすれば税務署に提出して納税を行うことができるほか、マイナンバーカードとパソコンに接続するカードリーダーがあれば税務署に出向く必要もなく自宅に居ながらにしてすべての手続きを完了することも可能です。

 

 

そんなカンタン確定申告freeeは、月額980円のスタータープランか月額1980円のスタンダードプランに加入するとチャットで確定申告に関することなら何でも相談できるのに加えて、オプションサービスに申し込めば電話での相談も受け付けています。

 

 

税務やツール、簿記について詳しい知識が無くても簡単に税務署に提出する書類の作成まで辿り着けるカンタン確定申告freeeは、全ての方にオススメできる医療費控除の計算および確定申告ツールとなっています。

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


スポンサー リンク

医療費控除

カテゴリー

記事一覧