スポンサー リンク

質問箱Peing(ペイング)ですが複数アカウントを作成することはできるのでしょうか?よくあるパターンの悩みとしては一度Peingのアカウントを裏垢(裏アカウント)で作ってみたものの、やっぱりリア垢(リアルなほうのアカウント)でもPeingのアカウントを作ってみようと思いチャレンジしたところ、一度裏垢のほうで作ってしまっているので新しくアカウントを作ることができずに困っているというもののようです(汗)。
 

ツイッターでも人気のPeingにて複数アカウントを上手く作れないときの解決方法などについて解説していきたいと思います!

 

質問箱のPeing(ペイング)にて複数アカウントを作る方法とは


 

まず覚えておいて欲しいのですが質問箱のPeing(ペイング)にてアカウントを作成する場合にはツイッターアカウントと連携して作成する方法と連携機能を使わないでアカウントを作成する方法があるということを覚えておきましょう。

 

新しくPeingの新アカウントが上手く作れないときには以前に作ったPeingアカウントとTwitterアカウントとの連携(自動ログイン設定)が上手く解除されておらず、問題が解決できないパターンになっていることがほとんどです(汗)

 

ですのでPeingの複数アカウントを作成したい(新アカウントを作成したい)のでしたら、まずは以前に作成したPeingアカウントをツイッターとの連携しているログイン状態から解除してやる必要があります。



 

peingのほうで画面右下のほうに歯車マークのアイコンがあると思います。ますはそちらからログアウトするようにしましょう。

 

続いてTwitterのほうの連携状態の解除を行う方法ですが、Twitterの「アプリ連携のページ(https://twitter.com/settings/applications)」をブラウザーで開いてから「Peing」をタップするようにします。そうしたら次に「アクセス権を取り消す」をタップするようにしましょう。

 

「アクセス権の取り消しを元に戻す」と表示されるようにボタンの部分が変更された状態になったならば上手くTwitterとの連携の解除が成功した状態になっています。

 

その後に新しくPeing(ペイング)のアカウントを作りたいほうのTwitterアカウントでログインしてそちらから連携機能を利用して新しくPeingの新アカウントを https://peing.net から作るようにすれば上手くいくようになるかと思います。

 

 

Peingではアカウントは2つの方法から作ることができます


 

質問箱のPeingでは新アカウントを作成する際に

1、Twitterのアカウントとの連携を利用してアカウントを作成する方法と、

2、Peing専用のIDを作成する方法

とから選ぶことができるようになっています。

 

 

この際にPeing専用のIDを作成する方法にてアカウントを作成した場合にはIDとパスワードは絶対に忘れないようにメモなどをしておくようにしておきましょう。

 

なぜならばPeingを退会したいと思ってツイッターとの連携機能を解除してしまった時にIDとパスワードを覚えていないと作成したPeingアカウントに再度ログインすることができなくなってPeingを退会することができないままになってしまう恐れがあるからです!

 

おすすめの方法としては先に質問箱を退会するようにしてから、TwitterのほうでもPeingとの連携機能を解除するように進めていく方法が良い方法です!

 

この質問箱の正しい退会方法は複数アカウントを作成していく際にも必要となってくる知識ですからしっかりと覚えておくようにしておきたいところです!

スポンサー リンク

 

Peingで複数アカウントを作成したいならばブラウザーにも注意しよう


 

Peingにてメインアカウントとサブアカウントなど複数アカウントで質問箱を楽しんでいきたいと思っているならばブラウザーの設定についても覚えておくようにしておきましょう。

 

基本的にSafariなどのインターネットブラウザーでは一つのIPしか接続できないようになっています。

 

つまり同時に複数アカウントにて利用することはできないようになっているのです。

 

質問箱には困ったときに運営元に質問することができる「お問い合わせフォーム」も用意されています。

 

https://peing.net/inquiry

 

もしも何か困ったことがあればお気軽にメールにて質問をしてみても良いかと思います。きっと困ったときに解決の手助けとなるアドバイスなどももらえるかも知れませんね。

コメントを書く







コメント内容


CAPTCHA


スポンサー リンク

サービス

カテゴリー

記事一覧