旦那さんのお給料がいくらあれば専業主婦になれる?700万円が目安?



共働きでいらっしゃる夫婦の切実な悩みとして旦那さんのお給料がいくらくらいあれば奥さんは専業主婦になれるのかという問題があります!



これについての回答ですがぶっちゃけ渋滞ローンがいくらくらい残っているかや、お子さんの人数などにも左右されると思います。


また、贅沢をするかしないかなどにもよりますし、お子さんを通わせる習い事にかかる費用や、学校を公立にするか私立に通わせるかなどによっても変わってくるでしょう。



平均的なデータとしては旦那さんのお給料が年収550万円くらいでも専業主婦になっている奥さんは多いようです。



年収450万円くらいですと、お子さんの年齢が上がるにつれていって奥さんのほうもパートなどをせざるを得ないケースも増えているようですね。



旦那さんの年収が700万円以上あってもお子さんが何人いらっしゃるのか?、また、お子さんの年齢による教育費の問題などからも奥さんが専業主婦になれるかどうかということも密接に関わってくるようです。


旦那さんのお給料が年収700万円くらいあれば専業主婦になれる?


専業主婦に憧れているのであれば旦那さんの年収が少なくても700万円くらいはある状態が理想です。旦那さんのお給料がいくらくらいあれば専業主婦になれるのかと考えていらっしゃるのであればまずはこの数字を目標にして結婚する男性もこの基準から選んでいくようにしたいものです。



しかしながら奥さんのほうも何も考えずにバンバン贅沢をしていいわけではありません!旦那さんのお給料が上がるにつれて払うべき税金の額も大きくなりますし、教育費のほかにも、自動車や住宅費など様々な問題が重くのしかかってきます。



700万円という年収は高いように見えますが、ちょっと道を踏み外してしまいますとあっという間に転落の一途を辿ってしまう数値でもあるのです。



旦那さんのお給料がいくらくらいあれば専業主婦になれるかと考えていらっしゃる奥さんも多いとは思いますが、専業主婦になれたからといって必ずしも描いていた理想の暮らしができるとは限らないことも認識しておく必要があります。



専業主婦になるとそれだけ旦那さんの家事に対する要求も厳しくなりそうです。中途半端に専業主婦になるくらいならパートでもしていたほうが生活のバランスが良くなるケースも考えられそうです。




旦那さんのお給料がいくらくらいかによって住む家も都心か郊外など慎重に選んでいく必要があります


東京を中心とした都心に住むのか、はたまた都心から離れた郊外に住むようにするのかなどということも旦那さんのお給料以上に重要な問題となってきます。



都心ではアルバイトなどで働く人の平均時給も高いものとなっており、様々な職種に付きやすいのも都心のほうが便利でしょう。



しかしながら、落ち着いてゆとりのある暮らしをしていきたいのであれば郊外に住むようにするというのもベストな選択の一つにもなります。



結局のところ、通勤時間や通勤費、家族で過ごせる時間をどれだけ多くとることができるかや、お子さんが成長していくうえで自然などが多い環境の良い場所、物価や家賃、光熱費などの全体のバランスをよく考えて決めていくようにするべきでしょう。



郊外で良い条件のところに住んでいくようにするのであれば旦那さんの年収が700万円ほどなかったとしても家族全体で満足のいく生活を送っていける可能性も高いものとなっていきます。




世帯年収を考えることも旦那さんのお給料がいくらくらいあればよいのかと考えるうえでの目安となります


今まで共働きをしてきた奥さんと旦那さんの世帯年収から考えてみることでも旦那さんのお給料がいくらくらいあれば満足できる生活が送れるのかということを考えるうえでの目安になると思います。



例えば今現在奥さんが年間で300万円ほど稼いでいるのであれば奥さんが専業主婦になるということであれば、単純に旦那さんは今の年収にプラスして年間300万円以上稼がなければならない計算になるわけです。これはなかなかハードな事ではないでしょうか?



一般の会社で年収がいきなり300万円も上がるなどということはほとんどあり得ないことでしょう。月給に換算したならば25万円もお給料アップしなければならない計算になります。



統計的には年収1200万円以上を稼いでいる日本人は5%未満だということがデータとしてあります。普通の会社であればこの年収1200万円以上というデータは日本人の男性であれば30代にはほとんどいないという計算になっています。つまり、ほとんどの日本人男性が結婚するであろう年代である30代においてはとてもでは無いですが年収1200万円という男性は多くないわけです。



大企業であっても一生懸命会社のために数年間人生をささげてやっとこさ定年間近になって叶えられる年収となっていることも覚えておきたいところです。




旦那さんのお給料がいくらあれば大丈夫なのかは事前にシミュレーションすることもできます


今の彼氏と結婚するにあたって仕事を退職して旦那さんの扶養に入ることを考えている女性も多いのではないでしょうか?



そういった時にはしっかりとした人生設計をするのが必要になります。もしも同棲(一緒に住む)ことを考えていらっしゃるのであれば、住むところの家賃は旦那さんのお給料の33%以下に抑えるようにしなければならないと言われています。旦那さんの実質の手取り額がいくらになっているのかは奥さんであるあなたはしっかりと把握しておくようにしておかなければなりません。



旦那さんの手取り額が低すぎるのであれば、育児休暇や産休などの福利厚生がしっかりと充実している会社にて奥さんであるあなたも定年まで正社員として働き続けるような決意をしていかなければ満足いく生活を送っていくことは厳しいでしょう。



パートなどでは二人の生活を支えていくことも難しいでしょうし、ご主人のお小遣いもお給料の手取り額の10%以下にしてもらうように管理していかなければならないかも知れません。

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする