スポンサー リンク

相手にバレずに煽り運転を警視庁に通報することはできるのか


最近では煽り運転に困っている方が多く、通報したいけどトラブルになりたくない人がいます。特に高速道路や渋滞している時は警察に連絡したら相手が怒って問題になるのではないかと心配する人も大勢います。

 

そのような時に便利なグッズが販売されています。大手通販サイトの楽天では日本全国のLED信号機にもしっかりと対応しているコムテック製のドライブレコーダーが販売されています。暗い夜道の夜間でも鮮明に明るくキレイに撮影してくれますし、相手にもバレずらくしっかりと煽り運転の状況証拠を捉えることができるようになっています。何より楽天市場(らくてんいちば)での売れ筋ランキングでも1位を受賞しており、実際に使ってみた人たちのレビューの声(口コミ)も452件も投稿されているので使う前にイメージも湧きやすくなっているのではないかと思います。

 

簡単な操作性付属のシガープラグコードを差し込むだけとなっていますし、状況証拠を録画したうえですぐに警視庁(110番)に通報することも出来ます。煽り運転をされていると思った時は大きなトラブルになる前にすぐに警視庁に連絡する必要があります。

 

急に煽っていた車が止まって文句を言いに来たり、暴力につながることもあります。本当に危険なので煽り運転を見つけたらすぐに連絡するようにしましょう。

 

安く購入できるものや、高機能が付いていて少し値段が張るものなど様々なものが用意されていますがコムテック社製のドライブレコーダーHDR102は個人的にオススメの商品です。

https://item.rakuten.co.jp/syatihoko/hdr-102/?s-id=rk_shop_pc_rnkInShop

 


煽り運転を通報するのに使える渋滞でも使えるLEDグッズとは


煽り運転を警視庁に連絡するためにLEDグッズが数多く販売されています。

 

運転席からリアに付属の配線を通します。

全ての方向をビデオで収録し、煽り運転をした人の乗っていた車のナンバーを確認します。

通報する時に良い情報になるので記録しておくのは賢明なことです。

 

LEDを置いておく位置は自由に選ぶことが出来、目にも優しいので負担にならないです。

また、LEDは節電にもなるので電池の消費が少なく長く使用することが出来ます。

強い光でないので渋滞していても気づかれずトラブルを防げます。

 

光を遮る用品やLEDと一緒に使う機器、配線なども売っているのでよく使い方を確認してから使う必要があります。

 

煽り運転をされても安心できるように付けておくのは良いことです。大手通販サイトのアマゾン(amazon)においても雨でも濡れることの無い車の室内に取り付けることができるLEDグッズが安価な価格で販売されています。レビューを見るとどうにもヤンキーっぽい点滅が期待できるらしいですので、相手に対してもその点滅の仕方でビビらせることもできてしまいます笑

GANGXUN 追突防止 太陽光パネルで発充電 車用外装LEDライト 配線不要


煽り運転をネットで通報することはできる?電話番号はどこに連絡すればいい?


ネット上で警察庁のホームページがあり、煽り運転と入れて検索すると電話番号が書いてあります。

各都道府県にあり、電話番号は異なりますが一緒になっている人に頼み、電話をかけることも出来ます。

 

メールで送信することも出来、余裕があれば使用することが可能です。一番近い警察署につながるので110番に電話することもおすすめです。

 

携帯からでも簡単にかけることができるので煽り運転をされていてカメラもない場合などはすぐに連絡する必要があります。

 

困ったらネットで検索をすれば対処法が書いてあるので見てみます。

 

しかし、運転中の携帯電話は違法なので広い場所や店の駐車場などに一時停止してから電話するようにします。

 

別の人が車に乗っている場合は操作してもらうことが出来ます。

 

警察庁では煽り運転に対する対策方法としては「相手の挑発にのらないこと!そして左端の車線に移動するようにしてなるべく人目の多いところに停車するようにして煽り運転をしてきた車両をやり過ごすようにすること」を推奨しています。また、絶対に車の外に出て相手をしないようにすることも推奨しています。この際に110番するようにしますが、その際にもドライブレコーダーなどの画像を録画することができるものがあればなお良いとしています。

 

警察庁〒100-8974 東京都千代田区霞が関2丁目1番2号
電話番号 03-3581-0141(代表)

スポンサー リンク

生活お役立ち情報

カテゴリー

記事一覧