BCASカード入れ替え!NHKの受信料は払わなくても良い?

B-CASカード入れ替え時にはNHKの受信料はどうなるの?払ってなければバレる?

B-CAS(ビーキャス)カードの役割としては、有料放送を管理するためのものです。



もともと、この仕組みはCS放送などで行われてきましたが、地上デジタル放送の開始と同時にすべてのテレビで衛星放送のチューナーが内蔵されたことから、B-CASカードが使われるようになっています。



このカードはあくまでも民間の有料放送に対する制限であり、NHKの受信料とは若干仕組みが異なります。



一方でもともとNHKの受信料を支払っていない場合にもB-CAS社から情報が渡されることはありませんから、B-CASカードの情報を元にNHKの受信料契約を迫られることはありません。



ですのでこの点については安心しておくと良いかと思います。


B-CAS(ビーキャス)カードを古いテレビから新しいテレビに移し替える際にはどこかに電話する必要があるの?

B-CASカードは、地上デジタル放送を受信するために必要なカードで、地上デジタル放送を受信するためのテレビや録画機器などに挿入する必要があります。



B-CASカードカードそのものは規格化されたものであり、このカードは日本で発売されているテレビおよび録画機器などで使用することが可能です。このため古いテレビから新しいテレビに差し替えることができ、また手続き不要で継続して視聴することが可能です。



一方で古いテレビも新しいテレビも使いたいといった場合には、B-CASカードの登録を行うための手続きが必要です。この場合にはB-CASカスタマーセンターが一括して行っており、サービスダイヤルに電話して登録ができるほかホームページからも手続きが可能です。



NHKの場合には世帯が契約を結ぶことになりますが、受信料を支払っていなくてもB-CASカードの認証は受けることが可能です。このため新しいテレビを購入しても、同じ世帯であればNHKに連絡する必要はありません。


B-CASカード無しでもテレビは見れる?NHKの訪問員を誤魔化して視聴することは可能?

B-CASカードを挿入しなければテレビは視聴することが出来ません。



カードを挿入すればNHKのカスタマーセンターへ連絡するようにというメッセージが表示されますが、そのままそれを無視していても視聴は可能です。



これはNHKと受信料契約をしていなくても同様のことですから、基本的にはアナログ放送時代と同じくNHKに受信料を支払わずに視聴すること自体は可能です。

ただしアンテナが立っていたりするとNHKの徴収員がやってきて契約を迫られるケースがあり得ます。



法律ではテレビ受像機があればNHKと契約しなければならないことになっていますので、テレビがある以上は支払いの義務があります。

誤魔化して見ることは可能といえば可能ですが、裁判によって受信料の支払いを求められるケースもあるため、素直に応じるのが無難だと言えるでしょう。



NHKの受信料の徴収を断りたいのでしたら、テレビ自体は完全に自宅から無くしてしまうことをオススメします。NHKの訪問員が訪ねてきてもテレビは家に今は無いし繋いでいませんと応えられる環境を作っていきましょう。


BCASカードの個人情報はテレビを見ないならば完全に解約して消去しておくようにしましょう

BCASカードをテレビに入れたどうかということでNHKの訪問員さんがこちらが自宅にてテレビにつないでいるかということが外部から分かるということはありません。



BCASカード側がこちらのBCASカードの個人データをNHKに伝えているということもありません。しかしながら、テレビを受信しているならば法律的にはNHKの受信料を支払う権利というものが生じてきます。



NHKの訪問員さんを自宅にあがらせる必要もありません。もしも無理矢理に相手が足を踏み入れようとしてきたならば断わるようにしましょう。



よくある質問などでテレビは現在は受信していませんが、パソコンのモニターとしてテレビを使用しているので「NHKの受信料は払わなくても良い?ですよね」のようなものがあったようです。



しかしこの考えは危険だと言えます。このような環境下ならばパソコンのモニターはパソコン専用のモニターをしっかりと買うようにしてテレビは破棄するようにしてしまったほうがいいでしょう。



もちろんその際にBCAS(ビーキャス)カードを使っていたならばその情報もしっかりと解約するようにしておくようにしておきましょう。



訪問員さんがNHKの受信料のことで訪ねてきても理論付けてお断りできる環境を整えておくことが大事なことだと言えるのです。

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする